院長メッセージ

平成26年7月より齋藤行世先生の後任とし相馬中央病院長に就任いたしました。今後ともよろしくお願いいたします。
福島県浪江町の出身で双葉高校・東北大医学部・先進外科/旧第二外科を経て、2000年より13年間故郷の地域医療に携わってきました。 専門は、食道外科・臨床栄養です。一般急性期から慢性期までの医療を地域に密着して行ってまいります。
当院は、これまでの糖尿病の教育・治療にくわえて、口腔外科の診療・治療、リウマチの診療を始めました。 ヘリカルCT、1.5デスラーのMRI、頸動脈エコーも稼働しています。 これまでの経験を活かして相馬中央病院の発展と地域医療の充実に貢献できればと思っております。
Good hospitalは、
  Good doctor
  Good fellow
  Good treatment
  Good facility
が全てです。
良い所を伸ばして、欠点を少なくし、特徴のある元気な病院にしたいと思っております。
—  標葉 隆三郎